Home > スポンサー広告 > Civ5 アメリカにてプレイ ~その6~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Home > スポンサー広告 > Civ5 アメリカにてプレイ ~その6~

Home > Off-line Game > Civ5 アメリカにてプレイ ~その6~

Civ5 アメリカにてプレイ ~その6~

本当はその5に入れてしまいたかった第3次ロシア戦役の続きです。
今までは撃退するだけで良しとしてきましたが、何度も戦争をふっかけてくるロシアにいい加減頭にきた(まぁ今回はロシアの妨害を続けたせいではあるのですが・・・)ため、今度は領土を奪うつもりで逆侵攻をかけていきます。


20110902_07.jpg

ターン:283 1826AD
ロシア軍の増援を撃破しつつオレンブルクを陥落させ、ヤクーツクへ侵攻しようとしているところです。1タイルだけの島にあるハバロフスクは、海を越えてまで攻略する価値を見いだせなかったためとりあえず放置することにしました。
この後、ロシア領にユニットを移動させ攻撃を開始したところ、大砲の一斉射撃により1ターンで攻略に成功となりました。ヤクーツクの都市防衛力(都市名の上の数字)はオレンブルクよりも小さかったためあっさりしたものです。


20110902_08.jpg

ターン:291 1842AD
ヤクーツク陥落後、エカチェリンブルグ攻略に乗り出したところです。エカチェリンブルグは幸福資源の香料が3つもあるので、是が非でも落としたい都市でした。ロシア領の北側がいまだ雲に覆われているため北にどの程度の都市があるかよくわからないままの侵攻となり増援が多少不安だったのですが、都市防御力もたいしたことがなかったので一気に戦力を差し向けました。
ヤクーツク攻略からエカチェリンブルグ攻略へ移行する段階で、スペイン国境に大量に戦力を貼り付けてしまい、そのせいでスペイン軍が国境防衛に出てきてしまっています。スペインとは友好協定を締結してあるのでとりあえずは大丈夫なのですが、国境沿いに軍を大量にうろつかせている状況は攻撃の意思有りと認定されてもおかしくないので、スペインとの友好関係にひびが入りかねません。ロシアと戦う以上のつもりは無いのでちと困ったことになりました。


20110902_09.jpg

ターン:293 1846AD
エカチェリンブルグ攻略に成功したところで、ロシアと和平を結びました。欲を言えばロストフも落としたかったのですが、こちらの戦力が多少消耗していた(戦闘ユニットの右側にある縦のバーがライフです)ことと、スペイン軍がさらに増えてきてしまったので、一端ロシアから軍を引くことに。スペイン軍の戦力はこちらに比べると一時代前の状態なので、仮に戦争になったとしても恐ろしくは無いのですが、こちらのユニットが消耗したままの状態で襲われるのは避けたいため、戦力回復の時間が欲しかったということです。


というわけで、今回は第3次ロシア戦役が終結したところまでです。うわ、10ターンしか進んでない・・・。

Comments:0

Comment Form

Home > Off-line Game > Civ5 アメリカにてプレイ ~その6~

Recent Comments
Search
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。