Home > スポンサー広告 > Civ5 アメリカにてプレイ ~その5~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Home > スポンサー広告 > Civ5 アメリカにてプレイ ~その5~

Home > Off-line Game > Civ5 アメリカにてプレイ ~その5~

Civ5 アメリカにてプレイ ~その5~

まだまだ終わらないCiv5プレイレポ、今回は第二次ロシア戦役終結後からとなります。

20110902_01.jpg

ターン:250 1700AD
25ターン毎にランキングが表示されます。このときのランキングは生産力が基準になっているものでした。上位3文明が25以上で残りは20以下となっており、国力の差が開きつつある状況なのがわかります。No.3の我がアメリカ文明としてはなんとか離されないようにしなくてはいけません。それにしてもいまだに未知のままになっているNo.2文明が不気味です・・・。

20110902_02.jpg

ターン:263 1765AD
ロシアは我がアメリカ文明だけでなく周囲にけんかを売りまくっているので、弱小国家となった日本ともいつからだったかは忘れましたが当然戦争になっています。ですが地理的な問題として、日本領土に攻め込む前にアメリカ軍と戦わなければいけないため、今まで戦闘が発生することはありませんでした。ところが、アメリカと和平協定を結び相互国境開放状態となったため日本のことを思い出したようです。アメリカ領土を越えて日本に攻め込もうと軍を動かしてきました。こちらとしては、研究協定を結ぶための傀儡国家として生かしてある日本を勝手に攻め落とされては困ります。ロシア軍が日本領土に入れないように戦闘ユニットを配置し妨害することにしました。
それから、スコア1位となっていた未知の文明が接触してきたため、ペルシアのダレイオス1世だという事が判明しています。


20110902_03.jpg

その後しばらく妨害していたところ、まぁ切れやすいロシアとしてはこう出てくるわけで・・・。


20110902_04.jpg

ターン:270 1800AD
ロシアの宣戦布告後、こちらの領土内で戦闘になる事を避けるためにロシア軍は一斉に移動を開始しました。今までのロシアとの戦争では、こちらがロシア領まで軍を派遣しなくてはいけなかったため、あまり積極的には闘いませんでした。ですが、今回はロシアが日本に攻め込もうとしていたため大量のユニットをこちらへ派遣している状態です。ロシア軍を叩く絶好の状況だと判断し、ロシア軍を二分する位置にある中立都市であったエディンバラを急遽買収しロシアへ宣戦布告させた上で、こちらも一気にロシア軍に襲いかかります。逃げ場を失ったロシア軍は海上へ逃れるしかなくなり(陸戦ユニットが海上に出ると一方的に攻撃されるようになります。)こちらの大砲の餌食となっていきました。


20110902_06.jpg

ターン:276 1812AD
数ターン経過後、出張ってきていたロシア軍の壊滅に成功し、逆侵攻を仕掛けました。ロシア軍の精鋭ユニットが壊滅してしてしまったため、こちらの歩兵部隊の阻止に出てきたのは長槍兵と長剣兵という全時代のユニットという状態。オレンブルク陥落は目の前のようです。


20110902_05.jpg

ターン:275 1810AD
1ターン戻ってしまいますが、ターン275時点での軍事力ランキングです。ペルシアの軍事力がとんでもないことになっていました・・・。こちらの3倍は優に超えてしまっている状態です。


ということで、今回は第3次ロシア戦役の途中までとなります。隣の大陸のペルシアがとんでもない軍事国家になっていたため、制覇勝利はちょっと難しい状況だと判明したので、違う方面で国力を伸ばすことにします。

Comments:0

Comment Form

Home > Off-line Game > Civ5 アメリカにてプレイ ~その5~

Recent Comments
Search
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。