Home > スポンサー広告 > Civ5 アメリカにてプレイ ~その1~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

hotaka URL 2011-08-21 (日) 14:00

KOEIの三国志や信長の野望って感じ?

あお URL 2011-08-21 (日) 21:05

日本のゲームで言うならばその通りかな~
最近の三国志や信長の野望を知らないから単純には言えないけど、
勝利目標が複数あるんで必ずしも戦争ゲームじゃないんだよね。
日本じゃシミュレーションゲームって言われていた類いのゲームですわ。

Comment Form

Home > スポンサー広告 > Civ5 アメリカにてプレイ ~その1~

Home > Off-line Game > Civ5 アメリカにてプレイ ~その1~

Civ5 アメリカにてプレイ ~その1~

20110819_01.jpg

さて、「Sid Meier's Civilization V (Civ5)」のプレイレポ的なものを書いてみることにします。Civシリーズをやりこんでいる人からすると恐ろしく雑なプレイをしていると思いますが、まぁ細かいことは気にせず笑って許してください。

まずはCivilizationシリーズとは何かという事なのですが、これはWikipediaの該当項目をざっと読んでもらえるとなんとなくわかると思います。基本的には周囲の文明(現在、DLCを合わせて全25文明あります)と競いあいながら自分の文明を発展させ、戦争による世界制覇、国連の支持を得る外交的勝利、文化発展による圧倒、外宇宙へ旅立つ宇宙船を作成する科学勝利、といった勝利条件をクリアするゲームです。単純に戦争をして世界を統一するという戦争ゲームではなく、文明を発展させた結果として勝利が得られるわけです。


プレイ時に自分で設定したプレイ条件は以下になります。
・文明:アメリカ
・指導者:ワシントン
・マップタイプ:大陸
・マップサイズ:大きい(プレイヤー数10 都市国家数20)
・難易度レベル:国王
・ゲーム速度:スタンダード
・オプションはクイック戦闘、ユニットレベルアップと社会政策の持ち越しあり

アメリカは一度もプレイしたことがなかったので、実績を解除してみようかな程度に思って選択しています。
テキストは公式日本語版を使用し、フォントだけを変更した状態です。

20110819_02.jpg

まずは今回選択したアメリカ文明の簡単な解説を。
固有能力の「明白なる運命」の特徴は2つ。「陸上ユニットの視界+1」は初期探索時に多少有利くらいでしかありませんが、タイル(タイル=都市圏)購入コストの50%OFFは気に入りました。貧乏性のため、労働者ユニットを遊ばせておくのをもったいなく感じるので、周囲のタイルをやたらに購入してしまう傾向のあるボクには非常にありがたい能力。
固有ユニットはB17とミニットマン。B17は爆撃機の代替ユニットで初めから回避と攻城1を持っているという強力なユニット。ミニットマンはマスケット兵の代替で、斥候と同じく地形コストを無視できるという特徴があります。両方とも使いやすい固有ユニットなので、固有能力と併せて考えるとなかなかに強力な文明なのではないでしょうか。


20110819_03.jpg

ターン:1 4000BC  初期立地です。
川沿いの草原に金1・銀2、少し離れた位置にはなりますがさらに牛も1、とかなりの好立地でした。隣接タイル6枚中4枚が渡河攻撃になるという守りやすい地形だったこともあり、このタイルに首都ワシントンを設置することにします。
生産は定石通りに「斥候」→「モニュメント」とし、研究も「陶器」→「筆記」と進めることにしました。


20110819_06.jpg

研究ツリーです。
研究はツリーを右へ右へと進めていくのですが、前提技術を研究し終えていなければその先の発展技術を研究できません。例えば、「筆記」を研究したければ前段階の「陶器」を先に研究しなければいけないというわけです。また、前提技術は必ずしも1つではなく、「数学」が欲しい場合は「車輪」と「弓術」の2つとも獲得している必要があります。


20110819_04.jpg

ターン:15 3400BC
戦士と斥候で周囲を探索している途中です。それほど広範囲の探索ができているわけではありませんが、かなり早い段階で日本(織田信長)を発見しました。AI文明にはそれぞれ個性があって、信長の場合やたらに好戦的で軍事圧力をかけてくる文明という印象を持っています。内政重視のプレイスタイルなので、こいつが隣接しているというのはあまりうれしくない状態です。日本との中間地点に幸福資源の「綿」が大量にあるので土地の奪い合いになる事が目に浮かぶわけで・・・。
生産は日本が隣にいたので「戦士」としました。通常ならば戦闘ユニットを作り始めるのは弓術を研究してからの「弓兵」とすることが多いのですが、とにかく日本が脅威・・・。戦闘ユニットがある程度ないとあっという間に攻め込んでくるので、少しでも戦争を遅らせるためです。
社会政策は「解放」を選択。綿のある地域に第2都市を建てるために、「直接民主制」からの開拓者を狙っていきます。

20110819_07.jpg

社会政策ツリーです。
全部で10系統あり、それぞれ発展の流れは違っています。今回はこの中の解放系統を選択しました。


20110819_05.jpg

ターン:22 3120BC
無事に第2都市ニューヨークを設立。探索も多少進んでいて、南側は都市国家があるだけで他文明は無いことが判明しています。また、すでに確保済みの資源ですが、銀が大量に存在することも発見。第3都市設立の有力候補地です。とりあえずここまでは順調に進んでいるのですが、日本の戦士がニューヨークに隣接するまで接近してきました。やはりこの辺りの土地を狙っている様子です。まともに開拓者を生産していたのでは間に合わなかったであろうタイミングだったので、直接民主制を採用し開拓者を獲得したのは正解でした。
生産は「労働者」で、これはニューヨークを設立したので社会政策:市民権から得られる労働者だけでは足りないと判断したためです。ですが、序盤に10ターン以上必要な労働者生産はコストが大きくきついですね。蛮族に拉致された都市国家の労働者がうまいこと発見できたりすると助かるのですが、今回はそういう運には恵まれませんでした。


とりあえず今回はここまで。
・・・てか、このペースで書いてたら終わるのはいつになることやら。

Comments:2

hotaka URL 2011-08-21 (日) 14:00

KOEIの三国志や信長の野望って感じ?

あお URL 2011-08-21 (日) 21:05

日本のゲームで言うならばその通りかな~
最近の三国志や信長の野望を知らないから単純には言えないけど、
勝利目標が複数あるんで必ずしも戦争ゲームじゃないんだよね。
日本じゃシミュレーションゲームって言われていた類いのゲームですわ。

Comment Form

Home > Off-line Game > Civ5 アメリカにてプレイ ~その1~

Recent Comments
Search
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。