Home > スポンサー広告 > HD5850CFのベンチ結果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Home > スポンサー広告 > HD5850CFのベンチ結果

Home > Software > HD5850CFのベンチ結果

HD5850CFのベンチ結果

金曜にHD5850CF構成を作ってからぼちぼちベンチマークソフトを回しました。なんだか忙しかったので3日間かけて飛び飛びに計測することになってしまったのですが、何か特に理由があったりしたのではなくて単に時間的都合によるものです。

20101217_01.jpg

3DMark06のスコアは21993でした。シングル時(19507)と比べると12.7%増し程度です。Vantageや11と比較して考えると、これはCPUの限界が先にきているのであろうと思います。

20101217_02.jpg

3DMarkVantageではP23525です。シングル時(15601)だったので50.7%増しです。

20101217_03.jpg

3DMark11だと6506となりました。シングル時(3448)から88.7%増しです。

20101219_04.jpg

F1:2010では、シングル時(Avg46 Min41)からCF時(Avg66 Min54)となりました。Avg43.5%・Min31.7%増しとなっています。Minが60に到達しなかったのが残念ですが、これはこれでそこそこ満足です。

20101219_05.jpg

Dirt2です。シングル時(Avg55.2 Min45.0)でCF時(Avg87.3 Min71.0) ですので、Avg58.6%・Min57.8%上昇しました。Dirt2ではついにFPS60以下に落ちなくなったので、レースゲームとしては満足な状態です。

20101219_06.jpg

S.T.A.L.K.E.R.:Call of Pripyatです。計算が面倒なので荒い感想になりますが、一番重いシーンでAvgが78.5%増しになりました。まだまだ余裕がある状態ではありませんが、少なくともゲーム可能であるという状態にはなったようです。

20101219_07.jpg

Lost Planet 2です。Avg33.4fpsではストレスなくプレイするっていう状態にはとても及びません。それでも、シングル時(Avg18.4fps)より81.5%増しなので納得はしています。

最後にFF14ベンチですが、シングル時と同じ設定で回してスコアは6033で、53.4%という結果です。このベンチはウィンドウモードでしか回せないので、フルスクリーンモードで動かす有志ツールを使っています。なぜかSSをとれなかったのでSS無しとなってしまいました。FF14にはほとんど興味がありませんが、まぁ今話題のタイトルだったので回してみました。Dx9タイトルにしては無闇に重いと評判ですが、まぁ普通にプレイできるでしょうね。

以上、HD5850CF構成での各種ベンチ結果でした。発売直後に1枚購入、その後1年経過して暴落時に追加で1枚購入したという状況なので、この結果には大いに満足しています。2011年後半か2012前半にリリースされるといわれているRADEON HD7xxx系までは十分戦えるんじゃないでしょうか。

Comments:0

Comment Form

Home > Software > HD5850CFのベンチ結果

Recent Comments
Search
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。